2020

2020’08 下北沢の商業施設

2020’08 下北沢の商業施設

2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設 2020’08 下北沢の商業施設

下北沢の商業施設(L’TIA SHIMOKITAZAWA)
          
  所在地   東京都世田谷区北沢2丁目  
  主用途   飲食店・物販店舗  
  地域・地区   近隣商業地域、準防火地域  
  許容建蔽率   80%  
  許容容積率   300%  
  敷地面積   135.80㎡  
  建築面積   100.41㎡(73.94%)  
  延床面積   439.26㎡  
  容積対象床面積   407.34㎡(299.96%)  
  構造   鉄筋コンクリート造  
  階数   地上5階  
  高さ   最高高さ15.990m  
  総戸数   5区画  
  事業主   東急リバブル 株式会社  
  設計・設計監理   AIUEO STUDIO 株式会社  
  設計パートナー   ito.+伊藤教司建築設計事務所  
  施工者   株式会社 大明建設  
  写真   HAYATO WAKABAYASHI PHOTOGRAPHY  

 

2020-08-10 | Posted in 2020, WORKSComments Closed 

 

2020’06 大島Ⅲの集合住宅[VERXEED NISHI-OJIMA]

大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA)

大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA)大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA) 大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA)

大島Ⅲの集合住宅(VERXEED NISHI-OJIMA)
          
  所在地   東京都江東区大島2丁目  
  主用途   共同住宅  
  地域・地区   商業地域、防火地域  
  許容建蔽率   (80%)100%  
  許容容積率   500%  
  敷地面積   401.98㎡  
  建築面積   224.67㎡(55.89%)  
  延床面積   2,561.43㎡  
  容積対象床面積   2,003.39㎡(498.38%)  
  構造   鉄筋コンクリート造  
  階数   地上14階  
  高さ   最高高さ41.190m  
  総戸数   76戸  
  事業主   株式会社 GSディベロップメント  
  設計・設計監理   AIUEO STUDIO 株式会社  
  設計パートナー   ito.+伊藤教司建築設計事務所  
  施工者   内野建設 株式会社  
  写真   HAYATO WAKABAYASHI PHOTOGRAPHY  

 

2020-06-30 | Posted in 2020, WORKSComments Closed 

 

2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku]

緑Ⅱの集合住宅(Orchid Residence Ryogoku)

2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku] 2020’02 緑Ⅱの集合住宅[Orchid Residence Ryogoku]

緑Ⅱの集合住宅(Orchid Residence Ryogoku)
          
  所在地   東京都墨田区緑1丁目  
  主用途   共同住宅  
  地域・地区   商業地域、防火地域  
  許容建蔽率   (80%)100%  
  許容容積率   400%  
  敷地面積   362.73㎡  
  建築面積   246.63㎡(67.99%)  
  延床面積   1,638.11㎡  
  容積対象床面積   1,449.29㎡(399.55%)  
  構造   鉄筋コンクリート造  
  階数   地上8階  
  高さ   最高高さ23.930m  
  総戸数   46戸  
  事業主   株式会社 GSディベロップメント  
  設計・設計監理   AIUEO STUDIO 株式会社  
  設計パートナー   ito.+伊藤教司建築設計事務所  
  施工者   株式会社 小川建設  
  写真   Takumi Ota Photography  

 

2020-02-01 | Posted in 2020, WORKSComments Closed 

 

2020’01 宮坂の集合住宅[FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ]

宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ)

宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ) 宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ)

宮坂の集合住宅(FARE KYODO Ⅰ・Ⅱ)
          
  所在地   東京都世田谷区宮坂1丁目  
  主用途   共同住宅  
  地域・地区  

第一種中高層住居地域、準防火地域、45m第二種高度地区、日影規制3.0-2.0時間/4.0m、緑化地域、景観計画区域(一般地域・住宅共存系ゾーン)、第一種低層住居地域、準防火地域、
第一種高度地区、日影規制4.0-2.5時間/1.5m、絶対高さ10m、最低敷地面積80㎡、緑化地域、
景観計画区域(一般地域・住宅共存系ゾーン)

 
  許容建蔽率   (60%/50%)Ⅰ棟:58.10%/Ⅱ棟:58.04%  
  許容容積率   (200%/100%)Ⅰ棟:181.02%/Ⅱ棟:180.41%  
  敷地面積   Ⅰ棟:167.78㎡/Ⅱ棟:167.95㎡  
  建築面積   Ⅰ棟:96.86㎡(57.73%)/Ⅱ棟:96.86㎡(57.67%)  
  延床面積   Ⅰ棟:348.82㎡/Ⅱ棟:348.82㎡  
  容積対象床面積   Ⅰ棟:303.00㎡(180.59%)/Ⅱ棟:303.00㎡(180.41%)  
  構造   鉄筋コンクリート造  
  階数   Ⅰ棟:地上4階/Ⅱ棟:地上4階  
  高さ   Ⅰ棟:最高高さ9.990m/Ⅱ棟:最高高さ9.990m  
  総戸数   Ⅰ棟:13戸/Ⅱ棟:13戸  
  事業主   株式会社 アスコット  
  設計・設計監理   AIUEO STUDIO 株式会社  
  設計パートナー   ito.+伊藤教司建築設計事務所  
  施工者   株式会社 サンライフコーポレーション  
  写真   HAYATO WAKABAYASHI PHOTOGRAPHY  


事業上、2敷地への分筆が決定されていたため、南北に細長い2棟が配列する構成となっている。
それぞれ間口約6.8m、奥行約25mの奥行のある敷地形状。集合住宅の計画において、道に面する長さが短いことは法規上、住戸プラン、構造的に不利に働くことが多い。ここでは南北に持つ大きな奥行を利用し、中央の吹抜、奥の隣地から用途境界までセットバックした約5mスペースと、道路に面する部分と、3つの空地を設け、そこに面するように居室を配置し、両側の小さなスペースからなるコの字形状の空間を1つの居室として法的な採光、窓先空地を確保している。中央の吹抜空間には外部階段を添わせ、そこを回遊するように各住戸へアプローチする。ヴォイド空間から内部空間へと環境が連続するよう、構造体は住戸の中央部に集約させ、そこを水廻りとすることで、明るさを確保し居室に広がりが生まれると考え、計画を進めた。

2020-01-31 | Posted in 2020, WORKSComments Closed