2014, WORKS

2014’11 代々木のタウンハウス(REGNO COLLAGE)

02_R2

01_R202_R203_R204_R205_R206_R207_R208_R209_R210_R2

    

 

代々木のタウンハウス(REGNO COLLAGE)
          
  所在地   東京都渋谷区代々木1丁目  
  主用途   長屋  
  地域・地区   第二種住居地域、準防火地域、30m第三種高度地区、日影規制5.0-3.0時間/4.0m、第一種文教地区  
  許容建蔽率   60.00%  
  許容容積率   294.88%  
  敷地面積   699.57㎡  
  建築面積   416.97㎡(59.60%)  
  延床面積   999.36㎡  
  容積対象床面積   999.36㎡(142.85%)
(東京都建築安全条例第4条より延べ面積1,000㎡未満)
 
  構造   鉄筋コンクリート造(壁式)  
  階数   地上3階  
  高さ   最高高さ9.800m  
  総戸数   22戸  
  事業主   アルファビオス/アメニティ  
  設計・設計監理   AIUEO STUDIO  
  設計パートナー   ito.+伊藤教司建築設計事務所  
  構造設計   frameworks  
  施工者   新三平建設  
  写真   太田拓実写真事務所  

 

 
 

都心部に位置し、路地状敷地であることから接道面が少なく、高層建物や住宅などに囲まれた過密な地域に建つ22戸のタウンハウス(長屋)の計画. 長屋に求められる法的な要素から、空地(クウチ)をどのように設けるかに着目し、周囲の建物や街並みとの関係を考えながら空地と内部空間を配置していく. 空地によって切りとるような構成とすることで、外部空間に囲まれた開放感ある住空間が生まれる.
 

A plan of a town house of 22 units which is built in a crowded area surrounded by high-rise buildings and housing and which has a small area of road contact because it is located in the city center and it is an alley-like site. This project pays attention to the placement of open spaces in terms of legal requirements for town houses and places open spaces and internal space, considering the relationship with surrounding buildings and cityscapes. Cutting off the volume by open spaces produces living space with spaciousness which is surrounded by external space.

 

2015-01-20 | Posted in 2014, WORKSComments Closed